復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【宮城県の巻 ― 1】       道北日報ヘッドライン 

 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 伊達百万石のお膝下、いわゆる「仙台衆」は口舌の徒、喧嘩早いなどと他県人からは敬遠されながらも、実力にものをいわせて、一時は「仙台衆ナラデハ…」の飛ぶ鳥も落す勢いで士別形成時代を代表したものであった。

 歴代の町長には同県人が多く、創成期の菅原太吉は町長2期道議に打って出ては副議長も務めるという実力派で、「北海道の熊が来た」と政府高官連に恐れられた噂は今も続いている。農会、信用組合、ほとんど彼が最初に手がけた仕事である。

 同県人でありながら一時は菅原の敵国を型づくり、その息子から竹槍をつきつけられたといわれる鈴木顕蔵(栗原郡神成村)も道議候補、戦中町長を務めあげた。

 また昭和7年町長に就任するや製糖工場の誘置に成功、市制の基礎をきづいた梨沢環(桃生郡大川村)は75才でなおかくしゃくとして千歳に現在している。

 現市長の佐々木良五郎(登米郡中津山村)はコツコツ地味に吏僚の道を踏みたがえず町長〜市長と代表的人物になった。およそ仙台衆らしからぬ温順しい性格だ。この4人がどう踏んでも士別の仙台衆四天王であろう。

 印刷の田中伊作(白石町)は仙台中学を出て17才の時、当時の三井物産の北海道支店に移って来たが、兄の薦めで印刷業に早替り、明治3年の創業以来、旭川以北宗谷線随一の老舗として基礎を確立した。しゆん堂と号し「士別旬刊」という新聞を出し当然随一の文化人でもあつた。家業は三男義人が継いでいるが、なかなかの遣り手で近い将来士別商工界を担って起つ一人として嘱望されている。兄弟も共同通信、HBCなどそれぞれ文化的職業に身を置いている。

  一世の酔客として眠るが如く大往生を遂げた鎌倉子桐(遠田郡南郷村)は県人会の育成に力を注いだが、彼の亡き後、老夫人が仙台弁丸出しで人気の的となっている。

 奇人として知られる伊藤菊治は票原郡若柳村の生れで、今は孫を相手に気ままな発句三昧に耽っており、県人会の生き辞引な役割を果している。

 マルミ旅舘の三浦健三郎はすでに還暦も過ぎ、余生を菊づくりに打ち込んでいるが、票原郡長崎村の生れで来士は大正2年。

 一力の内海弘治(桃生郡北村)は明治35年15歳の時、多寄に移ったが、今日そばの一力として道北に名を馳せたのは家族総ぐるみで商売に熱心な由縁もある。
(敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)