復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【宮城県の巻 ― 2】       道北日報ヘッドライン 

 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 
 よしや呉服店の大槻吉太郎(伊具郡坂津田村)は13歳の時来道、士別に来てからすでに32年になる繊維業界という有為転変の激しい中で、隆々今日の基礎を築いたのは彼の性となにか堅実のなせる由縁。

 現大野土建常務取締役大泉正二の父で亡くなった亀治は、宮城郡利府村で大野直吉の片翼を担い、今日の大野王国を成さしめた蔭の功労者、現正二氏もなかなかの人格者で社長の信望も厚い。

 宮城県出身には警察官上りが多いと言はれるが、門脇弥惣兵衛(登米郡南方村)も警察の仕事をしたことがある。現士別警察署の斉藤警ら交通課長とは札幌練習所で同期だ。鈴木顕蔵町長時代に役場に入り29年市議立起とともに職を辞したが、彼の弁舌爽かさには定評がある。現在第一生命の士別支部長として約30余名を動員し新進しながら1ヵ月3千万円の勧誘成績を示し管内で新記録を樹立した、油の乗り切った時代である。

 佐藤熊三郎、矩(票原郡沢辺村)の兄弟は兄が13、弟が3歳の大正2年、今の兵村30戸に入植して営々今日を築きあげ、兄は誠実さを買はれて土建界のまとめ役、弟は農委市議となかなかの竦腕をふるっている一人物だ。

 映劇の斉藤常三郎も佐藤兄弟と同村、大正元年の渡道で同6年興行界に入り「喜びも悲しみも……」など相次ぐ名画を紹介。文化の一端に尽している。

 佐々木譲(加美郡宮崎町)現存する仙台衆の代表的人物。お国なまりもユーモアに他人を遠慮なく批判するところなど、まさに仙台衆健在を思はせる。警察官を振出に町議長もつとめ、先日の警察庁舎落成式の祝辞に感懐をこめたあたりなかなか芸のこまかい所もある。

 同じく市議に斉藤熊太郎(刈田郡斉川村)がいる。朝日木材の社長で農協専務から経済界に乗り出し今まさに日の出の勢い、スタイルマンの好紳士だ。

 遅れたが28年間収入役助役として町政につくした阿部儀一郎(伊見郡枝野村)も功労者として数えなければならぬ。
 この他に千葉太郎左衛門(登米郡米山村)、千葉新三郎(登米郡石越村)、佐藤庄左衛門、亡くなった森静三郎(亘理郡山下村)などがいる。
(敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)