復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【山形県の巻 ―1】       道北日報ヘッドライン 

 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 米どころ山形の市内県人会が26日つくも舘で開れ、ニューフェイス日甜松田工場長などを交えて30名余りが参加、華々しく発会式を挙げた。

 会長に選ばれた通称「カメさん」こと菊地亀蔵(鶴岡市)は人も知る道北土建の社長だが25才の時清水勝幸氏のところにわらじを脱ぎカンナ一挺で今日を築いた最近の彼の業績は目覚しく年間3千万にも及ぶ仕事をやっている。彼の怪腕は賞賛に値する。

 副会長の矢口亀治(カメヤ洋品店=最上郡大蔵村)は和寒から現在地に昭和7年移った。洋品という当時にしてはかなり進歩的な商品を扱って特異な存在だった。

 新顔の松田栄(日甜工場長=米沢市)は最高顧問という格でこの県人会に一枚加ったが蔵前高工卒業して会社に入ったという純粋の日甜マン、22貫の堂々たる体躯ながらゴルフ、テニスもやるスポーツマン、また謡曲(師範)小唄、踊りと何でも器用にこなし幅の広いところを見せている。当日も宴席で芸を披露し会員からヤンヤの喝采を浴びたとか。

 鈴木幹雄(整骨院=北村山郡尾花沢町)は誠心舘道場を開いてから25年になる。弟子もこれまで数えて延べ1千名にも達し国体にも出場した彼の子弟を見る慈愛の眼は市の青少年教育に於ける一筋の清流と評しても過言ではあるまい。青年客気の頃はプロボクサーに挑戦して勇名をはせた。

 山口保吉(自転車業=酒田市)は3歳の時に来道。彼一流の地道と堅実さで資金を遺した。夏働いて冬は休みの同業を生した成功者である。

 鋼材の佐藤与吉は鶴岡市の生まれ、上富良野から士別に移って馬糧など商っていたが、終戦後、与吉旋風を捲きおこし今日不動の地位を築きあげた。稚内紋別、天塩など道北一帯を商圏にしているが彼の息子英二もなかなかの遣り手と評判。

 代書の村上悦啓(改金之助)は村山市の出身、大正末期に来道して裁判所警察と法務畑を歩いてから士別の登記所長を勤め昭和24年現地に開業した市内唯一人の土地家屋調査士でもある。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)