復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【福島県の巻 ―1】       道北日報ヘッドライン 

 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  市内福島県人会の集いは昭和12年若林重策(蹄鉄=大沼郡金山村)を会長に影山善次(田村郡厳江村)、亡くなった笠間六四郎らを発起人に約30名で結成されていた。戦争勃発とともに暫らく影をひそめていたが終戦後ようやく活溌化して新年会、花見、層雲峡旅行と最近また意気軒昂である。

 今年新たに会長に選ばれた橋本広吉(田村郡西田村)は現在、会の音頭取りとして活躍しているが三井物産木材部を振り出しに、昭和22年同社を定年退職。士別に来住して北振工業の社長を勤めあげ、独立して今日の橋本商会を築いたが転変の著しい昨今の木材界にあって彼の進境と存在は異色的である。

 副会長の渡辺喜美寿は市内で知らぬ人とてない人気男、情熱肌で今回のクローム工場の誘致にも一役買う気の良さ、自称?″朝鮮碁目″の大家で時、所をかまわず相手を捕えて挑戦している。

 大束周次は盤梯山の麓(猪苗代町)で生まれた。新作日本刀展覧会これまで数回にわたり受賞。道内で数少ない刀匠として人間文化財の如き価値。

 左官の加藤常吉(信夫郡松川町)は故大泉亀治と義兄弟の盃を交わした大野一家の家老格。

 この会の顧問として寺田整、伊藤潔の2人がいる。安達郡二本松村の同郷で寺田は明治37年屯田の医師としてやって来た。齢既に95を数え病弱ながら長寿を保ち夫人や娘夫婦に看とられて幸福な余生をおくっているが、市の生きた歴史を飾る人として開基60年を迎えるに当り名誉市民の称号を推奨したい。

 片方の伊藤潔は丹羽藩10万8千石のれっきとした士族の伜。土地の名門安積中学を卒業、東北大学農学部(いまの北大)に学び帝室林野局に入った。士別軌道の社長には昭和7年納まったが彼の風格にはどこか質実、剛毅の気品が隠然と漂っているのは士(さむらい)の血を汲む故か。いまでも年に一度郷里の墓参は欠かさない。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)