復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【福島県の巻 ―2】       道北日報ヘッドライン 

 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 昭和11年に亡くなったが渡部恒夫の父諒一も河沼郡野沢町の生まれ。明治42年小樽の雑穀屋に奉公、士別に来て丸山福蔵氏のところにしばらく勤め、30歳の時独立した。北海道澱粉工場協同組合の初代理事長にも就任、かつて士別澱粉業界華かなりし頃のスターダムに上った一人だった。彼の生家の親戚にあたる渡部医院(現存)は野口英世が在りし頃書生として学んだ由所ある家、

 京屋呉服店関口武の父政治は信夫郡端穂村の出身。伜の武は大野土建の帳場などしていたが戦後180度の転回で繊維界に加わり、京屋の名を沿線に馳せしめた。

 尾形寅治(畳業=信夫郡鳥川村)は耳懐かしい福島弁を丸出しにする一人で商売を息子に任せ好きな猟銃相手に山野を駆け廻っている。

 穂積重次(双葉郡長塚村)、多田良輔(白河市)、亀谷武義(双葉郡大能町)、いずれも物故組だが伜たちは商売で成功、父の県人会に入っている。

 精米の小泉政衛(双葉郡大堀村)は前記穂積の隣村の生まれ、開業35年を迎えて押しも押されもせぬのれんをつくった。孫の顔を見るのを待ち焦がれたら菊作りに余念がない。

 桶屋の千葉広明(双葉郡久之浜村)は来住55年の古顔で固物で通る。中丸長作(錻力=耶麻郡慶徳村)は5才のとき母に連れられて来道、いまでは業者の最古参になった。

 菱雄石炭の本田国蔵(信夫郡平田村)はヒゲのおっさんで有名。市役所の用務員をしている清野定助(信夫郡生笹村)も勤続8年、陰日向のない精勤振りで評判がよい。

 紅一点にはこの会に西村喜八郎の妻君の光子がいる。夫君は宮城県の生まれだが彼女は福島市の生まれ大正14年、相携えて来道。西村が公職で奔走する間も、家業を助け子どもの教育に専念した才色兼備した賢夫人である。

 今年、平締(電々局長=安達郡大玉村)、佐藤源喜(北電所長=若松)、郡信義(日本高級金属KK、昭和砂鉄鉱業KK士別出張所長=双葉郡波町)の新手がこの福島県人会に加わった。
 3人とも各地を移り歩きながら郷土なまりが抜けていない妙味がある。平は電通畑34四年、佐藤は電力畑30年と、勤め上げた好カップルである。郡は西社長の義弟で相馬中学、東大法科にすすみ昨年9月ようやく曙光を見出しつつあるクローム工場設置のため来市した時の人。

 他に宮本今朝七鈴木正雄、千葉鶴重、五十嵐柱加藤茂吉三浦保一鈴木儀雄渡辺芳蔵がいる。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)