復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【新潟県の巻 ―1】       道北日報ヘッドライン 

 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  俗に「越後衆」と謂はれる新潟県人は会の加入者だけでも40名を越え、市内県人会でも現在唯一の大世帯。多士才々の顔触れである。従って動きも活発、例年たぬきや食堂(亡くなった阿部信一氏は同県の出身)で新年会を開くほか、昨年は新会旗を購入、かかんなところをみせている。

   中央公民舘長の梅沢源吾(会長)は父徳治(南魚沼郡東村)に連れられて12才の時、北海道に渡った。当時の北海道銀行(拓銀の前身)を振り出しに、大正9年役場に入り財務主任、江丹別の上席主事、天塩助役、豊富村長と行脚を続けた自治体行政の経歴を持つベテランで追放後公民舘入りをした。後記の高野吉郎らと商工会議所、信用金庫等設立に努力した手腕は高く評価されてよい。父徳治は80の峠を越したが元気で、書と御詠歌の醍醐味の余生をおくっているし、の両弟も市内に住んで梅沢一家安泰のところを見せている。

 平間喜一の父喜三郎(中蒲郡子須戸村)は明治5年、下士別に来た古参組の一人。マルヱ呉服店の今井要太は織物の産地、見付の生まれ土地の商業学校を出て20歳の時、マルイ呉服店(マルイデパートの前身で当時のマルイでは使用人は新潟県以外の土地からは採用しなかった)の見習に入り、その商売熱心と誠実さが名寄マルヱ呉服店の主人に認められ女婿となり昭和11年に現地に開業した立身出世中の人物である。

   現存する県人のうちで最古老の高島政市(西蒲原郡吉田町)は明治31年、ちょうど屯田兵が来住する一年前、彼が15才のとき父親と一緒に士別に遣って来た。数年経て仁作(健太郎の父)平作(直光の父)の弟が渡道、父子4人で屯田その他の家造りに励しんだ。士別神社の本殿も住時、政市の手になつたものでいまも市内数ヵ所(京屋呉服店石蔵など)に名残りをとどめている。彼はいま尚壮者を凌ぐ元気で、年に一度郷土の墓参に怠りないが、商売筋でも高島一統は広く知られている。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)