復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【新潟県の巻 ―2】       道北日報ヘッドライン 

10
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  ベニヤ工場の小林政治の父竹治(中蒲原須田村)は明治40年、北見興部へ移住。木材業を始め、盛時には二百町歩の大森林を有するに至る資産家だった。政治は士別の地の利を選びベニヤ工場を建てその専務となり今日に至ったが、若いだけに中々の情熱家。会議所副会頭など務め上げ、市内仕事師の1人と評価されている。

 質屋の山崎幸吉は北蒲原郡岡方村の生まれ。日本郵船に入って欧米各国を廻る船員稼業を勤めたこともある変わり種だが、機あってその後旭川質流組合直売所の支配人をやり、昭和18年士別で開業した。息子は昨年小樽商大を出て北洋相互にいる。

 渋川政治の父清次郎(西蒲原郡松長村)は下士別の草分けで42線に移ったのが、今からおよそ57年程前、町会議員などしたが伜の政治は百姓は性に合はぬと写真屋に首を突き込み爾来25年になる。

 米屋の山本一郎の父源治(西蒲原郡横田村)は昭和4年開業。一郎は現在市内の主食販売組合長もやり、有数の資産家と噂されている。息子たちも電通、銀行、税務署と堅実な勤口を選び後顧の憂いもさらにない。

 市内土建業界の中堅として最近進境を見せた野口組の野口俊一は佐渡の生まれ。浅野セメントの社員として来士昭和19年退職。28年に土木請負業として旗を掲げた。彼の性来の人柄の良さが因で幾多の辛酸をなめたが、伊藤軌道社長の信任を得て若手ながらも将来有望視されている。

   「マイドさん」の店で有名な中村金次(三島郡島田村)は終戦後樺太からの引揚げで父子、兄弟一家総出で働き努力が酬いられて中村商店として今日を築いた。すでに次兄は分店出し7人の伜もそれぞれ父の意を得て誠実さを一般から認められているが、彼の努力は涙ぐましい。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)