復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【新潟県の巻 ―3】       道北日報ヘッドライン 

11
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  こうじ屋の小林小三郎(三島郡脇の町)、鍼灸の加藤直次(新発田市)、何れも幼年渡道組ながら現役だ。軌道の白井忠二(西蒲原郡里崎村)も生え抜き。商協の石原貢も新潟市の生まれ。小林質屋の父一二は町会議員もやった人物。50年前に下士別の前記渋川の近くに来たが、正之(中士別)、武夫(質屋)、秀雄(下士別)、光雄(中士別4線)の兄弟は父亡きあとも揺ぎない。

 ヤンマーの代理店で農機の斉藤石太郎(中蒲原郡白根村)は大正4年来住、25年開業してヤンマーの斉藤として近来とみに沿線に業態を進張した。

 中央通りの中川善三郎の父民蔵も同県。美船の山田末松(新発田市)は今年から加わった新参だが、弟は寿で包丁を持っている板前兄弟で食通の店として馴染みが深い。

 創業50年マルホンののれんを飾りあげた今井家具店のミサは見付の生まれ。息子の清一は既に3代目だ。

 兵村に隠居生活をおくっている星野寛は市教育界の功労者で、かつての彼の教え子たちは市内、その他の地で重要な位置を占めている。

 「高野ラッパ」こと高野吉郎はこの市内新潟県人会を戦後まとめあげた功労者である。彼の往くところは可ならずして談論風髪として硬軟乱れ飛ぶ会話の妙は、自他ともに追従の許さないところ、士別怪物伝?中のNO1である。

 骨董屋で有名な橘俊作(南大沼郡大和村)は大正の初期馬に乗った旦那サン時代の警官から庶民入りという変種。博覧強記で一家言を有しているが、政治の表面に出ることなくつねに世塵にまみれた批評家で押しと通してきた風雅者である。

 この他に道銀次長の畠山雷大、駅売店亀田古物の店橋、呉服店の加藤吉郎、日甜に鈴木七郎、松村ヒロシ、安達、西村などの面々。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)