復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【富山県の巻 ―1】       道北日報ヘッドライン 

12
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 次いで富山県に移ると、この県人会、かつては和泉、寺木、岩木(現札幌)健在なりし大正末期から昭和の初めに於てモタモタ衆¢S盛を謳歌した時代があった。戦後会友も相継いで世を去り昔日の面影はないが古老格では松永旭成(滑川市)が折りあらば再発足をと機を窺っている。彼は13歳のとき来道、大正7年に今のところに開業したが、最近店は息子夫婦に任せ後添も得て町内の役で走り廻るなど元気なところを見せている。

 中屋金次郎は人も知る前助役。松永と同じく滑川の生まれで彼が7つの時、父親と海を渡った。その後大正14年、士別役場に入り収入役、町長を勤めた逸材だが郷里は代々医者の育ちで親父が政治に手を出し失敗して来たのだという。
 「山崎モチ」で名声を博した山崎永太(東と波郡山之村)、83歳になって今も尚元気。名誉市民クラスの功労者。

 精米の高瀬幸次郎(西砥波郡太美村)は明治28年渡道。西士別で一時雑貨商をやっていたが、小西精米所の跡を継いで13年に開業。三男は唐松で手広く製麺を営むなど堅実一家。

 黒田鉄工場兄弟の父豊太郎(富山市)は当初奈井江に来たが、正則は大正4年独立。それぞれ弟子たちも成功して、例年感謝の会を開いてもらうのが自慢のタネ。

 鳶の高島仁太郎(西砥波郡西太美村)は富良野から移って請負として一家を為した。

 エヘン坊さん≠フ伊藤了性(婦負郡卯の花村)は明治42年12月院住となったが、道内はもとより樺太、本州方面まで社会教育に布教行脚を続けている高徳の僧。
 柾工場の村山安太郎は婦負郡杉原村の出身。12歳の時、朝日の登和里に入り上士別村議など公職もつとめたが、意あって26年に来士。工場着手と同時に日頃提唱する生活改善の一環にと編物学校を始めた。彼の事業経営に対する信念は農家生活の向上という一途さで家族もあげて理解しこれに協力している。

 浦島魚店の清吉(富山市)は亡くなったが、伜の清一はよく店を継承して市内業者のビック3に位置するほど商売熱心。清吉の老妻は未だなかなか元気で店番に顔をあらはしている。
 細野栄吉の父宅次郎(下新川郡荻生村)は明治38年東鷹栖松平農場に移って来たが、栄吉は昭和14年、来士した。炭坑丸太建具工場など手がけ浅野セメント復活で最近ようやく芽を出しつつある。野におくには惜しい男の一人…。

 吉本浅次郎(下新川郡)装蹄師として昭和3年、現在の農業共済組合に入りかつて農林大臣賞をもらったこともある業者の老練古参。彼の妻はその頃から美容師として鈴木サイ女史の門下に入り、今日の「理美容の河田」を築きあげた賢女型。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)