復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【富山県の巻 ―2】       道北日報ヘッドライン 

13
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  下士別の篤農家中西秀利の祖父長左衛門(西と波郡石動町)は明治24年来道。父常二が同42年多寄に移って村会議員をやった。秀利が42線に居を構えたのが大正15年で温厚篤実、研究熱心のその人となりは地域の人々から尊敬と信頼をおかれている。民生委、町議、統計調査員など多くの公職を有したことがあり、土地改良区の理事長としていまも活躍中だ。

 小池輝一萩原義雄の両医師とも父が富山県の生まれで、そろって僧家の出というのも特筆されるものだ。小池の父良元は僧侶が嫌さに幼年学校に入ったが、その後やむなく連れ戻されて18歳のとき僧籍を継ぎ、願船寺(旭川)、光岩寺(東鷹栖)、正信寺(比布)の開基となった。輝一は比布で生まれた。彼は長崎医大を出て昭和16年開業したが、彼の老母は81歳で健在(札幌)である。
 一方荻原の父戒信は明治23年雨龍郡雨龍村の院住、代々浄土真宗の法家であるが、義雄は岩手医専を卒業。昭和17年開業。市内でも熱心な囲碁の愛好者で同好会の会長にまつりあげられ、運転者協会の会長もやっている。

 亡くなった斎藤茂平の父藤茂(東砥波郡北原村)は今から54年前、士別に移って来た東山の草分けである。息子の茂平は市議在任中物故、死花を咲かせたが、弟の茂義は斉藤モータースを経営、新進気鋭のところを見せている。

 北町の銀行と称されている山城作次郎もこの県産。凶作などにはめげずますます産をなしているようであり、中央通りの沢田重太郎、富居繁治、両鉄工場主もそうだ。沢田は和泉鉄工場の弟子から叩きあげて、すでに開業40数年の経歴をもつ元老株。

 下士別には中西の外、柳沢祐寛(滑川市)がいる。お経を読むより森林を見廻る方が好きという愛林家で、山火予防週間の彼の努力は涙ぐましいもの。郷里には今尚大きなお寺の実家があり昨夏士高のレスリング選手が滑川に遠征した時一行を泊めてねぎらったなど、富山県を背景に美談を持つ熱血人だ。
 中士別の元町議舘田賢次郎、現市議貢の親子もそうだといわれている。賢次郎は議場で殴り合いをしたと噂される多血性、今だに元気カクシャクとして他人の世話焼に奔走する好々爺ぶりをしめせば、息子の貢はこれは慎重派で石橋も叩いて渡る主義の堅実さ。ようよう50の坂を越した油の乗りざかり。将来が多いに楽しめる方だ。

 昨年亡くなったが、稲葉治四郎もいた。大正4年建築の公民館は彼の設計になるもの。建築技師でほとんど一生を役場に奉仕しつくしたといえる。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)