復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【福井県の巻】       道北日報ヘッドライン 

14
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  士別神社の正面参道右側に大きな石の手洗場が設けられている。これはかつて大正15年、市内の福井県人会が華かなりし頃奉納されたもので、手水鉢に江端栄以下16の名が彫まれている。
 江端(足羽郡酒生村)は12歳の時、滝川にいる叔父を頼って郷里を出た。彼が21歳の時、士別に来て馬具、石油、飼料など商って独立資産を残し、村会議員も務めた。現在、風連、羽幌、多寄、剣淵に江端≠称号する店があるが、いずれも彼の弟たちで江端チェーンの一家であることは言を待たない。

 江端強は彼の兄の子供で、強が14の時、叔父を尋ねて来士、店員として日夜働いた。童顔、単躯よく動きまわるこの少年が30年後の今日、道北業界の右翼にランクするほどノシあげたのは時勢の利と彼の闘志の賜物で市内立志伝人物中の一人である。

 両国屋旅舘を明治34年から昭和19年まで経営していた新川与三吉は坂井郡三国の生まれで、数少ない県人会の生残り。堺通りで老妻とともに老後を楽しんでいる。

 士別軽車輌の加藤未市(大野市)は日清、日露の両役に従軍、明治40年、7丁目で開業したが今では源市、実と息子、孫の3代にわたって営業50余年ののれんを守り続け、84歳ながら仕事を手伝う元気なところを見せている。

 下士別の豪商木島金之助(大野市)は大正5年、彼が15歳の時、当時下士別に嫁していた姉のところに来て農業を手伝った、若干18歳で木島商店を独立。堅実な地固め水田王国下士別≠フ台所を賄ったが、長男の秀雄は日本経専を出て親父の跡を継ぎ、一昨年は市街に進出して新進気鋭の役割を果した。

 議長の田刈子の父市太郎は木島と同郷で政太郎は下士別で生まれたが、金之助は彼の従兄にあたり昭和16年、役場に入ってから産業課長まで出世街道を一途に歩み続け、市制施工初代の議長となり将来も政治家として瞠目されつつある。

 マルタケ西条の大御所、林支配人の父三郎は福井市の出身。明治39年来道。畳職の職人で後世は市内で天然氷の製造に生涯を打ち込んだ。政人は戦後樺太より迎えられてマルタケの支配人におさまったが、西条プレインの貫録は十分である。

 カトウ洋家具は近来著しく道北に進境を見せている。加藤信行の父与三次郎(大野郡五ヶ村)は明治20年、森林うっ蒼の今の下士別中学校付近に移りこみ、造田して一石三斗の米を収穫したのが、和寒以北の上川、宗谷管内で「米(こめ)」を穫った初めだといわれる。いわば水田発祥の地で、近辺の米作りの元祖としていまもなお古老に語り伝えられてる。息子の信行は幾多の変遷を経て昭和23年カトウ洋家具を創業。上川、宗谷、留萌、網走各管内に商圏を持ち、市商工会若手ホープ第一人者となった。

 松村家具店の松村留太郎は明治42年、24歳の時、士別に来て昭和31年亡くなるまで職人一途押し通してきた。彼の弟子には浅野(現消防団長)、平田など上士別、剣淵に各々独立して一人前になっており、伜の政雄も2代目を継いで仕事熱心な若者と評判がよい。
 「とん勝」の大橋金作の父外吉(大の郡菖蒲町)は中士別4線に来住。金作と繁義(市役所勤務)はそこで生まれた。外吉は24年に亡くなったが、金作は28年に秋元(勝よし)の跡を譲り受けて、商売一筋に夫婦で働き、大衆から親しまれる独特な店を築きあげた。本社記者北村順次郎の母方もこの県の産(若狭国雲浜村)で、維新の志士梅田雲浜の親類筋で、雲浜の著作集を大事に集めていた。     


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)