復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【石川県の巻―1】       道北日報ヘッドライン 

15
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  加賀百万石前田家の所領、石川県のメンバーには先年、巨星地に墜つが如く世を去った浜下一郎がいた。彼は九谷焼の名産地小松市の生まれ。元来この地の出身には杜氏を業として地方を歩くものが多く、後記の岡田、藪内などもそうだが、彼は北見、幌内と移ってその後、北海道酒造界の大御所、旭川のマルヨ商店に入り大正4年宗谷線に販路を設けるべく第一陣として士別に乗り込んだ。浜下の義侠肌は多くの信望を集め、商売も順調に、やがて魚菜市場、三輪澱粉商会創設と手腕ぶりを発揮。後年消防長としておおいに働いたが、加賀鳶の面目が躍如としていて面白い。息子の一雄は今、下川で木工場を経営し士別と二ヵ所をかけ持で忙しく、浜下王国の再興をめざして働いている。

 現魚菜市場専務の中田俊雄は、彼の母が浜下と同郷で、父藤次郎(金沢市)は深川のマルヨ支店をやっていたが、俊雄は戦後樺太より引揚げ、浜下を頼って今のところに落ち着いた。
 岡田小治の父少佐(小松市)もやはり杜氏。明治37年、深川に来住し小治はマルヨに勤めるようになったが、時あたかも澱粉景気もしだいにに落火になり、造田補助時代が出現。沿線近郊のお顧客(とくい)開拓に昭和2年本店から派遣され浜下の下で働くことになった。昭和11年、浜下の三輪澱粉商会社長就任と同時に後を譲り受け、北の誉のマルヨ岡田として堂々たるのれんを築いた。

 一方の酒の旗頭幸田庄作は大聖寺の生まれ。明治41年青雲の志を抱いて渡道。小樽で店員としてみっちり勤めあげ、21歳の時、現地で独立開業した。前後通じて20年間議席を有し菅原、根本、伊藤、梨沢、伊藤、鈴木、中屋の7代にわたる町長と交わり、すでに元老格の存在だ、細心かつ堅実が幸田商店を今日至らしめた所以だ。
 
  中央通りの出村外二は津幡市の生まれ。彼が3歳の時、父安と砂川に移り、大正13年に海産物、食料品店マル十遠藤に店員として働くようになった。昭和5年独立。対社会的にも消防後援会、商工会等の育成に献身的に尽し、今も地区煙草組合世話役、民生委員、商協専務と日夜忙しい日をおくっている。

 第一石炭の田口政信(羽昨郡押水町)は郷里で羽二重輪出に失敗。大正5年田口が19歳の時、中士別に来た。農業をしばらく手伝ったが、その後農協畑に入り推されて昭和5年から町議を4期務めた。彼の郷里は前記出村と二十町と隔たらず。田口の妻もそこ生まれだが、彼女が15の時、彼のもとに嫁したという早婚組で夫婦そろった現役のNO1である。

 教信寺の千羽秀雄(河北郡高松村)は真宗浄専寺千葉家15代の生まれ。大正11年来士。法務のかたわら士別高等女学校設立当時から教鞭をとり、昇格後も副校長として昨年まで市教育界に尽くした。万巻の書を積む読書家で、伜の秀綱が大谷大学を出て住職の跡目を継いでいる。

 菱雄の専務中西利一の父利助(能美郡尾上村)は明治35来住し製材、運送などやった。

 道北貨物の白藤清一の父市松(小松市)も同じ頃運搬請負業を今の士別運送のところで開いていた同県人。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)