復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【石川県の巻―2】       道北日報ヘッドライン 

16
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  軌道の津田伝四郎は明治44年、彼が18歳の時、岩内に着いた。当時漁場の帳場などしていたが、20歳の時に来士。白藤の下に身をおいたが、軌道発足と同時に入社し、馬鉄時代からの所謂生き辞引≠ナある。創業以来40年間、この道一筋に働き続けてきた彼だが、今年行われる軌道撤去は彼の感慨ひとしおなるものがあろう。

 士別農協の組合長下道長松の父四郎三郎は入婿で母方の姓を名乗ったが、能美郡尾口村の出身。明治31年来道。長松は豊里(鉱山のあるところ)で生まれた。彼の郷里は平家の残党といわれ、本家の道下≠逆さにして苗字にしたのだと伝えられている。同36年に来士。伜の長松は20貫、5尺8寸、堂々たる威風で士別農協の重鎮におさまっている。

 市役所の都市計画係長藪内幸雄の父五与門は、浜下と一緒に小樽に上った。岡田小治の妻は藪内の娘で、幸雄の母フデは昭和9年岡田を頼って寿風呂を買収。28年まで営業を続けた。

 医師の松田菊雄(金沢市)は軍医の出で、昭和2年開業した硬骨漢。一昨年あたりから自衛隊の医者として旭川に通っている。

 小倉一雄(自転車業=金沢市)の父一弥は屯田兵として来道。一雄は叔父の仕事を継いで6丁目に開業してから早や20年になる。隻腕ながら剣道有段者の猛者。ここ2年ほど中風で顔を見られないのが惜しがられている。

 衣類商と古物商を営む山内武雄一雄兄弟の父与三吉は羽咋郡七飯村の生まれ。50年前に渡道農業をやっていたが、今兵村で健在。息子たちは古いものに縁のある商売をやっているが、いづれも侠気に富み、上野駅から浮浪児を拾い育てた一篇の美談は耳新しいところ。

 中士別の長広舌で有名な林伊之吉もこの県。中士別ではほとんど草分けの開拓功労者。若い頃は町議も務めた元気者。昨冬消防功績賞をもらい胸間を飾ったが、老いてますますさかん公職には殉ずるの気概を持つ高徳の志である。この外、小松豆腐店、前田豆腐店、などいづれも加賀藩の血の流れをくむものだ。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)