復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【山梨県の巻―1】       道北日報ヘッドライン 

17
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  遠く富士の裾野の眺め、富士五湖を眼下に中里介山の「大菩薩峠」で知られた山梨県は甲州葡萄、水晶で知られた全国唯一の内陸県で、市内にも傑れた人物絵図が展げられている。

 赤岡豊の父寿策(若神子村)は青雲の志を抱いて渡道した父彦市を頼って明治40年、旭川に来た。未開の地に希望に燃えた寿策は、旭木工KKに一事務員として働き、後年木材業として起こすべく、つぶさに研究体験を積んだ。大正元年、彼は自ら士別に乗り込み現在の士別木工場を創立した。士別の商工会頭などつとめ昭和3年華かなその生涯を閉じたが、彼には子がなかったため、姉の子豊を養子に迎えた。豊は養父の亡きあと、意を継いで主におさまり、今日では道内有数の木工場として確固たる地盤を築きあげたが、彼の人格、教養、事業手腕は従業員はもとより一般市民からも敬慕の念が措かれている存在だ。
 彼の養母で寿策の妻セイ(79)は今もなお元気で、札幌の近郊に静かな余生を送っている。赤岡正夫の父、故旭川市議長清晴は寿策の弟で、豊の妻も清晴の娘という血縁筋にあたり、正夫は小樽商高を出て昭和21年士別木工品製作所の代表として就任した。若手ながら市会の副議長を務め、赤岡一門の英才として将来大いに楽しめる。財閥の曹司にも似せず経営の才腕に恵まれ、大きく踏み切ろうと施策中である。

 小沢源之助、進藤一雄はいずれも赤岡直参の旗本格で同郷、中堅として活躍している。輿水永昌も寿策が旭川から連れてきた子飼のもの。三井斗喜世、一治は親子2代にわたって勤続。士別木工場はあたかも山梨一家の感がある。

 大工の清水勝幸は赤岡と同じ若神子村の生まれで家も隣り同志。明治39年に旭川に渡って大正4年以来ずっと士別木工場のお抱えとして忠誠を尽くしている律儀もの。齢すでに68歳。豊も正夫も時としてこの大久保彦左衛門にはお叱言?を頂戴するそうな。

 故志村安民(東八代郡相興村)は明治32年屯田兵を志願して父峰吉、弟幸治らとともに士別に移住した。性格極めて活淡で町議員、農協の前身士別興産信用購買組合創立等、意慾旺盛にして波乱万丈の生涯を送ったが、彼の嗣子たちは夫々立身し、藤平は市議、監査役その要職におさまり、家業の印刷も順調に進み、弟も下川町役場総務課長、剣淵村教育長と社会的に重要な地位にある。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)