復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【山梨県の巻―2】       道北日報ヘッドライン 

18
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

  甲州屋の武田仁四郎は父が旅館の名の示す通り北巨摩郡飯野村の生まれ。前記志村と滞同仁平は開拓の鍬を振った。大正15年旅舘開業。現在では甲州屋としてよく名を知られている。浅利忠、徳三郎の兄弟は武田仁四郎の異父兄にあたる。

 土建の深沢喜由も屯田組で父源作と共に喜由が4才のとき渡道。源作は南大通りで薄皮工場、澱粉製造機械など手がけた。喜由は期するところあり大正8年、旭川の鶴間組に入り土建界への一歩を踏んだ。昭和8年深沢組を創立。現在市内業界の右翼に並ぶほどノシあげたのは独立不覇、巧言令色を知らぬ甲州ツポの真髄が高く評価された所以。

 輿水七郎(下巨摩郡高根村)は農家の7男。兵隊検査も終わって23歳の時、旭川の鷹巣金物店に店員として移り込み昭和10年、現在のフジヤ金物店を始めた。士別の輿水として会議所副会頭、専門店専務理事と揺がざるノレンを築き、50の不惑の歳を迎えた彼は市商工界の代表的人物として注目に価される。

 末木一は甲府市に生まれ、「大番」の牛ちやんならぬ東京で水昌相場に失敗。昭和7年彼が25歳の時、士別にやって来た。長縄藤吉の跡を受けて士別食肉会社の代表におさまったり変遷を続けたが、機を見るのさとい彼は戦中戦後に産を為し、末木バンクとして他を瞠目せしるに至らしめ、甲州人らしからぬ甲州人だが仁侠の親分肌はなかなか捨て難い味がある。

 藤森金治は花輪金物店の一番番頭として采配を振っていたのを主人亀吉に見出され女婿となり、市街の土地建物など固定資産ベストテン中の財産を堅持している。

 藤井近芳は家畜商として市内の元老、武田信玄の流れをくむ骨っぽいところを見せながら牛馬の売った買ったで年老いたが元気は今も失わない。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)