復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【滋賀県の巻―1】       道北日報ヘッドライン 

19
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 近江八景の名所琵琶湖のふもと、世に江州商人≠ニいわれる滋賀県人には細心緻密、着実に業を成すもの多く、市内にも数多の人物が輩出している。

  土山為次郎(甲賀郡土山町)はこの会の元老格。23歳の時、渡道。伊達紋別の帝国製麻を振り出しに各地を歩き、士別には大正8年移った。その後退職して梨沢環町長の下に収入役を務め、町議、監査役の公職を経て信用金庫創立当時、専務理事として5年間活腕を期待された。彼の長子は田辺製薬の東京工場長という抜群の立身ぶりで家庭的、経済的にも恵まれ、今なお調停委員として公に尽くしている。

 布川茂登作の父秀吉(蒲生郡玉緒村)は明治34年、小樽の紙と茶の老舗池田源兵衛商店に入り、大正5年士別で開業した。半世を道楽三昧で送ったといはれ、江州商人に似ぬ粋(いき)なところもあったが、茶の「布川」として確固たる地盤を築きあげ、伜の茂登作も昭和19年跡目を継いで以来、旭日上昇と形容されるほど家運の隆昌につとめている。

 昨年亡くなった畑信次郎は蒲生郡八日市の生まれで、25歳の時、瀬棚で海産商を営み大正6年来市した。雑貨、鮮魚等商い、その後金融業として生涯を送った。

 馬場百助も前記土山と同じ土山町の生まれで、彼とは遠縁にあたる。22歳で50円を持ち海を渡り函舘の三井銀行に預金したという。苦労惨胆蓄財した代表的滋賀県人物のひとり。

 元来この郷土の姓には「谷」を名乗るものが多い、オーミヤ兄弟の父清次郎(甲賀郡下田村)は今から52年前、旭川に移り、士別に来て高飯屋(タカメシヤ=ご飯を高く盛る意)という食堂を始めた。時代の変遷につれて玩具、パンなど手がけたが、現在嗣子たちも兄弟相協力して市内有位の店を構えている。清次郎の老妻タカ(70歳)はなかなかの達者もので健在、近所の人気婆さんである。

 はきももの谷喜一の父喜代一(甲賀郡下田村)は大正2年来士。提燈(ちょうちん)傘を駅前で専業として顧客から親しまれていた。親の代を継いだ喜一が今でもシーズンとなると番傘を展げて印入れを行う風景が街の風物詩として見られるが、往時をほうふつさせるものがある。


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)