復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【滋賀県の巻―2】       道北日報ヘッドライン 

20
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 この県人は明治年代団体で比布に移住したものが数多に及び地域的にも甲賀郡下田村からがほとんどであった。
  9丁目の谷商店の亡父喜十郎もやはりこの下田村の生まれ。彼が18の時、海を渡り比布から中士別5線に移住した。市内で雑貨の安売など始めたのは大正2年。今では市内商店の古参格となった。中士別、八丁目にもそれぞれ兄弟が店を持ち尾形金物店、太田菓子店には娘を嫁がせて一家の和は固い。ビート羊かんのきく水堂として知られた谷清三も同郷である。

 上西精米所の勝次は3歳で父惣三郎と明治39年下田村からはるばる比布にやって来た。勝治は期するところあり喜多杉造(富喜堂喜多書店の父)雑穀商に住み込み、大正14年から昭和3年までみっちり勤めあげた。独立してから30余年、歯に衣を着せぬ活淡さで多くから愛され業者の相談役、県人会の世話役として孫の顔を相手に心安まる平穏な日を送っている。

 消防団長の浅野善一の父善松(柏原村)は35歳の時、士別に移りヤマダイ大久保造材の山頭に入った。大正6年士別木工場先代赤岡寿策の下で働き、終世を閉じたが、伜の善一は松村建具店で6年間奉公。浅野家具製作所を独立今日に到った。消防入りして既に30年、団長としてようやく風格も備わったが、消防一途に生きてきた彼の熱と意気は消防マンとして大きく賞讃に値する。

 仏光寺の富永義教(蒲生郡龍王町)は真宗西光寺18代の後えい。日大専門部を出た彼は本山の開教師として昭和6年、士別に派遣され、本年の5月頃立派な本堂が檀家の寄進で建立される予定。

 東山の名主の称のある青木弥太郎もこの県。亡父は開拓時代に来士、大農業で産をなして老後は金貸などを営み安楽な一生を終った。

 公会堂の林のトウサンで市民に親まれていた故松太郎は、赤ン坊のカンの虫をとる神業に長じ、みんなからありがたがられていた。

 最後に今は亡き市商工業界の恩人山田敬次郎。明治の中年に士別へ移り、呉服太物で沿線随一の産をなしたが、戦後没落、今は思い出にすがるによしないが忘れられない同県人の代表だった。
 市役所を辞めて土地改良にいる木下俊男は神崎郡能登川町の生まれ。6歳の時、父栄次と旭川移り俊男は士別で日甜に勤めた。  


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)