復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【愛知県の巻】       道北日報ヘッドライン 

21
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 金のしゃちほこ≠ナ有名な名古屋城のあるところ、愛知県人会を展望すると、山形勉強堂で知られた河合銀次がいる。彼は2歳のとき、父銀太郎(東春日江郡守山町)と来道八雲に移ったのが明治25年である。銀次は旭川の勉強堂に入り22歳の時、屋号を受け継いで士別で独立した。大正元年創業というから転変の激しい大通り商店界隈では老舗のベスト3に入る。堅実、温厚がよく彼の性格を表現する。銀太郎在世中県人会華かなりし頃、よく彼の宅で会を催したが酒を好むもの少く「うどん」と「みかん」で歓談を尽くしたと伝えられている。
 三河衆≠ヘそれほどうどんが好物とか、禅寺の坂野大宗の父保宗は碧海郡安城町の生まれ。12歳の時、法門に入り明治36年士別に来住した。大正7年本堂を建立。現在宗谷線有位の法地として宗門の最高栄誉である禅師を招くなど、普く布教に生涯を遂げた。後継の大宗の禅僧らしい剃髪、袈裟掛け姿は檀徒から信頼をおかれている。
 一方の日連宗の五藤順雅は父久五郎(羽栗郡黒田村)がこの県の生まれ。郷里は日連宗が500年代続いた在家の出で、縁あって順雅は19歳の時、法門入りをした。留辺蘂妙法寺住職から開山嵐田英明の跡を継いで昭和8年、来士した。日連の気概、気骨らしい、風格の片鱗が世辞ぬきに備わっている。長子は昨年立正大学を卒業、次弟は身延山大学に在学中。
 長縄藤吉の養父徳次郎(東春日江郡)は明治31年来道初め深川に住んだ、その後明治45年士別で、餅屋飲食店を経営、藤吉を女婿に迎えた。現料亭は戦後の開業だが、彼夫妻の温容さは店と使用人の隅々にまで行き渡って定評がある。翆月創立と大きく踏み切った彼の努力も高く買われてよい。
 永田兼太郎の母も同県で故あって、彼は母の姓を継いだ。彼は琴似の生まれで19歳の時、馬車追いに奉公。大正9年当時の金で4千円を費やし金貸の第一歩を歩んだ。彼はへその緒を切って以来、金貸をやろうと決心したと自ら語っている?。しかしその虎の子も景気変動のため元の黙阿弥に帰し大正11年、士別にやってきた。青年客気の永田の懐中には400円あっただけで、それが今日永田金融の礎となったわけだ。
 家畜商の村瀬松次郎(西春日江郡比良)は明治25年、父伊三郎と14歳で瀬棚に住み、大正2年来市した。この商売約60年一筋に歩き続けた最古参で静かな余生を過している。彼の弟の源次郎も当時魚の行商に遠く添牛内まで足をのばし近郊農家に馴染みが深い存在だ。それぞれ伜たちの代となっているが、堅実。
 中央通りの川橋保正は父甚三郎(名古屋市)がこの県の出、明治45年美深に来て澱粉工場をやったが、保正は昭和2年現住所に移り住み同8年独立開業した。士別菓子商組合の長を勤め、商工会議所の議員として業者の代表者でもある。
 同じ中央通りの青山助十郎(羽栗郡草井村)は明治43年31歳で士別に来た。馬車、馬橇の製造に従事。今は楽隠居の身分だが、句三昧にひたり余裕のあるところを見せている。
 東京屋洋服店の林孝雄(東春日江郡鳥井村)も既に来市50年になる。
 交通いまだ不便の頃、士別―朝日間の客橇に鈴を鳴らしていた社本政十郎(丹羽郡太田村)は大正13年から消防番屋に住みガソリンポンプが初めて使われるようになった当時、馬で曳いたという経歴の持主だが今も元気で馬を追っている。 (敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)