復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【徳島県の巻―1】       道北日報ヘッドライン 

22
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 阿波踊りで全国に知られる徳島県、この県人会のメンバーは市内の豪華陣と評されるぐらい多彩な顔触れである。
 犬伏、西条と並び称せられる市内旧家の双璧文太郎、武平は同じ徳島の生まれである。犬伏文太郎は明治39年、父利恵太と渡道。澱粉景気をいち早く見透して中央通りに雑穀商を営み、第一歩を印した。大正6年には倉庫業を始め、根本町長時代に町議として公職にもあったが、彼のもとに働いた美田実郎(上士別)、喜多栄造(北王油脂社長)、斉藤嘉太郎、石垣未松、いずれもが現在この界屈指の商人として成功したのは特記に価するのは文太郎の功績である。伜の繁一は慶大を卒業。
 人品卑しからざる風格を備えた中興の主西条武平(板野郡松島村)は明治28年彼が27歳の時、永山に移って床屋をやった。郷里のなまりがひどく言葉を理解するために開いたのだと伝えられている。明治33年屯田兵の入地を機に士別に転じ、道内はもとより樺太にマルタケ西条ありと唱われるほどの礎(いしづえ)を築いたが、その後彼は再三郷里に帰り北海道開拓を説き2、3男の救済方に貢献した。跡取りの男児がなかったため、女婿梅市を国から迎え、大正13年全勢力を集中して樺太に移った。知取に本店を構え敷香、上敷香に分店を設けマルタケ王国を誇ったが、終戦当時約一千万円以上の資産を残してきた例はいまだ耳目に新らしいところで話題となったものである。昭和20年、再び市内で名乗りをあげ、今日では老舗の貫録も充分に当主初太郎も名士として活躍中であるが、前記の犬伏が慶応、彼が早稲田という学校系列は何か両人の対象を語るものとして面白い。
 青果店の西条雅次郎は大正7年士別に武平を頼って来住見込まれて彼の3女、女子大出の才媛をもらい、西条姓を名乗った。一家ととも樺太には知取に21年間いた。粋人、芸達者でなかなか人気者である。
 野田勝蔵雅次郎の末弟、7男坊で昭和4年彼が20歳の時、津軽、宗谷の両海峡を一挙に渡り同7年独立開業して上敷香に店を持った。終戦後マーケット組合長として朋輩のために尽くし、自らも手腕のところを見せて確固たる地盤を今日成し遂げた。才気活溌、市商工人の中堅ホープとして期待される。
 士別売炭所の市名伊三郎(三好郡猪内谷村)は青雲の志を抱いて20歳の時、渡道。士別に来たのは昭和3年である。その後、加藤売炭所士別支店の名儀で創立爾来北炭を看板に老練一筋、今日で既に36年有余になんなんとしている。戦中県人会長もつとめ古参格だが商売に懸ける情熱は壮者も凌ぐものがあり傍目にもこころ嬉しい。
 硬骨漢、後藤田徳三郎は人も知るギンザの主である、麻植郡東山村の農家の8男坊に生まれ大正4年28歳の時、士別に移った。神戸時代、彼の友達について遊び半分習ったのが機縁となり、大正5年中士別に理髪業を始めた。その後、朝日村に8年間、寿通りで店を開いたのは大正15年の事。彼の研究熱心と子弟の教育に対する薫陶はすでに第一線を退いた今日でも伝え語られるところである。過日の県人会には自ら阿波踊りの先達をとって元気かくしゃくなところを見せた。店はみち子、つとむの両姉弟に任せ、「百まで働こう会」の会員として意気軒昂。今年は花造りをやろうと大いに張り切っている。 (敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)