復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【徳島県の巻―2】       道北日報ヘッドライン 

23
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 美吉屋製菓の父延青馬蔵(那賀郡延野村)は明治35年士別に移り住んだ。古物商の草分けでかなりの産も成したが、義太夫をうなり一座を率いて芝居を打つという器用さで当時の県人会でも自ら披露してなかなか人気ものであったらしい。伜の清太は旭川で製菓見習に入り開業して早や23年になる。パンの美古屋としてゆるぎのないのれんを築いたが、西条初太郎と同級生で49歳、父子二代の阿波コンビである。
 印藤文平(阿波郡伊沢村)は明治25年、父由吉と多寄に住み同42年市内で小間物洋品を数年商った。その後、薪炭業に移り、爾来30年に及ばんとしているが、伜8人を全部当時の中学校を終えさせたことは偉業に値する。市内には長兄が石油、5男の栄次が菱雄社長とおさまっているが、1人は東北大を卒業、水戸の日立製作所の課長についている子福者。旭中を出身野球の名選手と唱はれた尚義は3男だが、惜しくも早く世を去った。齢76歳だが丈夫で老妻と静かな老後をおくっている。
 大久保燃料店の先代弥平は板野郡御所村の生まれ。明治39年中士別5線で農業を営み、大正11年市街に出た。82歳の高齢で亡くなったが、当主の磯太郎は家業一途に実直と誠実さで信用を博し、温厚な人柄も加わって顧客筋から喜ばれている。
 中央通りの佐々木吉三郎は西条と同郷の板野郡松島村の出。武平の兄正吉とは学校友達である。24歳の時に来士。開業してから最早満50年になるが吉っあん≠フ愛称で親しまれる如く独立不覇悠々老舗の旗印を掲げている。女婿もなかなかの商売上手でマルキチ佐々木の安泰は先ず太鼓版というところ。
 楠本一雄の父林平(美馬郡貞光村)は日露戦争の直後経済異変にあい余市に移った。蜂須加藩流れを汲む一族で、一雄は余市で生まれたが、兄弟にも時計商が多く、長兄は現在伊達紋別で手拡く商売をしている。余市時代後記の高田武夫(造花店)と知り合い士別に来る機縁ともなったが、昭和3年開業の第一歩を踏んだ。市繁業街の一角に地を占める主としてようやく油の乗りきった時代で、たんに時計ばかりでなく時代の尖端を行く文化用品の販路に合流、画期的な伸展を遂げた業者の一人である。最近は連合PTA会長、消防後援会長と公私ともに忙しい。
 木工場の豊村亮一の父品蔵(那賀郡福井村)は数代続いた神主の末えいで今から約63年ほど前に余市に来た。その後、渚滑に移ったが、亮一は昭和10年、彼が40歳の時、豊村木工場を経営。赤岡、清光に次ぐ古手として今日に到っている。町議にも選出された、伜の邦彦は昨年明大を卒業して親父に手伝うようになり心強い。次弟は士高を出て手稲の近くで単身近代農法に励んでいる。((敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)