復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【徳島県の巻―3】       道北日報ヘッドライン 

24
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 市役所の産業部長で前温根別村長だった七条成良の父(板野郡松島村)、もく平は温根別開拓農家の草分けで明治39年森林うっそうたる未開の地に開墾の一鍬を刻んだ人。成良は永く農協の参事にあったが、昭和22年民選の村長とスタートしてから豪腹、大胆の大器ぶりを見せ、合併後は市の機関部たる現職の枢要な椅子に座っている。
 数多の公職を一身に受けて中士別の郵便局長・浅井誉興も父嘉平(阿波郡市場町)がこの県の生まれ。今なお83歳の高齢で健在(余市)である。誉興は明治44年5線で雑貨商を営み、昭和8年局新設と同時に局長に就任した。衣類卸商として近年頓に名声を得ている。
 斎藤嘉太郎、二世組だが父徳太郎は那賀郡貝能村の生まれ、明治33年渡道。長万部に雑貨商をはじめた。嘉太郎は大正2年来士。犬伏文太郎、石垣末松の下に身をおいたが、戦後いち早く繊維界に身を投じ、すでに確固たる地盤を築いた。
 高田造花店の武夫は父栄助(郡賀郡明谷村)が70年前、余市に移り住み、彼はその地で生まれたが、楠本一雄も当時余市におり交友の緒を結んだ。大正9年、剣淵で父が当時では大がかりな澱粉工場を経営。武夫は大正15年、現在地に独立、今では市内の盆栽、菊づくりの若隠居として裏庭に数坪の温室を設け好日をおくっている。
 士別小の校長阿部政雄(板野郡松島村)は4歳の時、父仲三郎と東川村に来住。いったん故郷に戻ったが、再び来て、旭川中学を卒業。さらに札幌師範を経て、岩見沢小を皮切りに今日まで37年間教師畑を歩んでいる。武弁の気骨を有する士。
 タカハシ時計店、高橋秀雄の父房吉(三河郡)は伊予団体で、雨龍の蜂須賀農場にしばらく居を構えたが、その後、比布に出て呉服商を始めた。秀雄は旭川の大橋時計店に年期を入れ、昭和16年独立したが呵々大笑の明るい雰囲気は一般から親しまれ愛されている。兄龍松は兵村で製綿店。弟亀之丞は旭中を出て電報電話局にいる。
 石工の河野重幸は父軍治(阿波八幡町)が同県。重幸は昭和9年、開業と同時に消防界で活躍。伜は昨年北大に入って将来を楽しみにしている。
 菱雄石炭にいる松浦又市は父岩平が蜂須賀農場に入り、その後、下士別で澱粉工場をしていた。
 小間物、雑貨を商っていたことのある田上宮太郎(名西郡阿能村)は大正7年郷里からまっすぐ中士別に移り、5線で農業にいそしんだ。(敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)