復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【岐阜県】       道北日報ヘッドライン 

25
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 長良川のう飼いで名高く、往年は荒将軍木曽義仲を生み、飛弾の匠左甚五郎の大工など、提灯でも有名な岐阜県は古来骨っぽいところであり、細工師などが多く輩出したところ。
 士別コンクリートの広瀬篤恵(不波郡垂井町)は滝川で工法を覚え昭和2年、今の喜楽亭のところで商売を始めたのがそもそもの初めである。当時コンクリートの用途を知らない人々が多く売るのに困ったという逸話が残っている時代であった。鈴木顕蔵が宣伝大いにこれ努めてくれたそうだ。齢(よはい)70歳になり、カナリヤを相手に老後を楽しんでいるが長男はアッツで職死、2男の利夫が事業を担当している。

 豊田食堂で近郊農村の古老からも馴染みの深い豊田藤八は本巣郡真桑村の生まれ。19歳の時、渡道。大正6年士別に移って商売一筋に現在に至っている。藤八の温和な人柄と独得な店の雰囲気で馬車運送全盛なりし頃から、今もなお顧客に親しまれている。

 山口豆腐店の山口常八(揖斐郡坂内村)は亡くなったが、大正8年武徳に住みしばらく農業を営んだその後、大正15年に市街で豆腐製造を始めた。今は伜の功の代になっているが、業者では最古参となり老母に孝養を尽くしているが一家あげて犬好きで有名。

 士別衛生公社の松井進の父滝造(郡上郡山田村)は25歳の時、郷里から後記の年藤、臼田を滞同岐阜団体のリーダー格として大正3年に南士別に一歩をしるした。息子の進は兵隊で満州に10年間、陸軍准尉として終戦を迎えた経歴の持主で28年、衛生公社を創立し采配を振っている。滝造も健在。

 年藤菊五郎(郡上郡八幡村)は松井らと愛別から移って約5ヵ年になる。日露戦役に出征した古強者で傷い兵士、伜の五郎はマルスギ石垣商店に約12年間年期を入れ、26年開業した。若手、新顔ながら愛想よく好感の持てる青年であり、去年の青年会議所全国大会で外人相手に派手な交歓を行ったという愉快な人物。

 五十川陶器店の父嘉三(安八郡田村)は明治37年に津軽の海を渡り、深川に来た。現主浜三は彼地で生まれ大正5年、14歳の時、マルジュー遠藤に入った。27歳で独立。一時川西で澱粉工場もやったが、今日までのれんを続け町内の古株となった。表面に起たない地道な人柄でコツコツ拠城を固めて行くという肌合で、ストーブ台製造では一躍名を馳せたこともある。伜もすでに親父の商売を手伝って安泰。
 (敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)