復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【中国地方の巻―1】       道北日報ヘッドライン 

26
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 本州の南端、山陽、山陰の人物模様は東北6県のそれと比較して興味あり、風貌を探索してもお面白い。
 歯科医の長老、浜本健太郎は鳥取県機高郡正条村の生まれ。郷里の官吏の長男坊として大正7年東洋歯科(日大歯科の前身)を卒業初め札幌に来た。その後、弟が名寄鉄道管理部にいた関係で来士する機縁となり大正13年開業した。彼が28歳の時である。以来、36年間、政治性もハッタリもない巷間の一歯医者として老婦、子供を問わず、如才のない診立てで浜本先生≠ナ通っている。火防予防組合長と昔は浜下時代に威かめしい役も仰せつかったが、数年前までは士別神社祭典委員長によく祀りあげられた。伜のも父の母校を出て、今、学位受得に研鑽を続けているが、老医は多忙な余暇を盗んで夏は釣り、冬は囲碁と寧日がない。

 神理教の国森一彦も同県の生まれで、浜本とは2、3村隔ったところ。父勘蔵と8歳の時に留萌に移り、国森は若くして旭川の教会に身を入れた。士別には大正14年以来の馴染みで、洒脱な人格は人気がある。

 表日本に廻って広島県には清光勝太郎、久光元吉、深尾庫槌のメンバー。
 清光勝雄、正雄の父勝太郎(御調郡山中村)は明治30年、22歳の時に単身海を渡り大通り2丁目に居を構えた。木びきなどしてから漸次建設業に移り、大正3年私財も投じて今の中央公民館を建築した。息子の正雄も然りだが公私ともに士別のために尽くした恩人である。昭和7年木工場を設立。今は亡きあとも清光3兄弟がガッチリスクラムを組んで遺業を続けている。長兄の勝雄は土建屋として揺がぬ基盤を造り、正雄の士別づくりに対する愛郷の熱意は定評のあるところ、

 久光鷹士は北の親分衆だ。鷹士の父元吉(加茂郡東野村)は明治32年、20歳で屯田兵として移住した。山畑、木村(才)と並ぶ現存の屯田古老である。義侠家肌の鷹士は兵村はもとより市民の一般の信望もあつく、今年は開基60周年を迎えて2世として記念事業その他におおいに意慾を燃やしている。

 深尾庫槌は6歳のとき父大助(広島市)に連れられて海を渡った。屯田兵としてやって来たのだ。士別小学校を卒えてから馬車追いなどして苦闘の道を歩んだが、刻苦精励が結実沿線に砂利の深尾として名を広める到った。65歳で中老の域にあるとはいいながら、いまだ頑健、働くことを条として生まれてきたような鉄の男である。(敬称略) 


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)