復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【中国地方の巻―2】       道北日報ヘッドライン 

27
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 隣りの岡山県には大谷謙一郎(新見市)、故高橋静一(川上郡成羽町)、田中勘市(岡山市)。
 大谷謙一郎は明治38年15歳の時に父金三郎と十勝に来たが、叔父の奨めで旭川の秋野薬局に店員として働くことになった。当時としては進歩的?な店員がブラスバンドを編成、謙一郎がトランペット吹いた写真が彼の手許に残されている。河合銀次(河合薬房)とは同じ頃師団にお用聞に行った仲間だ。大正2年秋野のノレンを分けてもらい、士別で看板を掲げた。長子の謙吉は小学校、名寄中学、日大医科を優等で通した成績抜群の秀才で北大柳外科にいて剣淵で開業。29年には親の膝下に移って患家の信望もまことによい。むうど会の会員として絵にも親しみ、センスの豊かなところも見せている。弟の一雄は丸刈りのところから兄と間違はれる節もあるが、東京薬専を出て満州に出征した薬剤中尉。夫人とは現地でロマンスの華が実を結んだ持ち主だが狩猟、写真、スポーツなんでもござれの多芸多才。

 マル龍建材の高橋龍一は郷土で醸造をしていたが大正4年、渡道した。家具と古物を商い、名をよく知らしめた。伜の正は終戦後、若輩ながらよく建設業界の転移にいち早く眼を向け、家具ばかりでなく建築資材の調達に飜意。今日では道北プロツクのマル龍建材として堅実と名声を拍している。将来は市の商工界を担って起つ業者の右翼にランクされる人物。老母律代も同県出身で68歳で健在。

 田中洋品店の勘市は、父仙吉が明治42年永山屯田として渡道した。勘市は彼地で生まれ、旭川の八島商店に店員として住み込んだ。12年間の年期奉公を勤めあげ、親店の屋号をもらって、大正12年士別で独立開業したが、長子を函館に商売見習に出すという地道と堅実さで現在リンクストアーの副組合長として貫録と経営内容も充分。

 名頭梁といわれる近藤階雄は山口県佐波郡串村の生まれ。やしろ大工の巨匠として名声の高かった豊田捨次師匠の門下に入り、明治43年移ったが現在では数少ない社殿造りの宗匠とし士別神社をはじめ数々の仏閣、伽藍を手がけているが、その名人気質はよく知られわたっているところ。齢(よわい)75歳ながら壮健で、伜の勝雄も木材協会の専務として才腕の誇れが高い。 (敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)