復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【秋田・岩手の巻】       道北日報ヘッドライン 

28
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 秋田美人で知られる秋田県には元町長の伊藤仙五郎が昔を語る古老として今なお壮健でいる。彼は由利郡上浜村の生まれで明治43年23歳の時に士別村役場の書記として入り大正2年収入役、昭和3年町長と出世街道を歩んだが、彼の穏健にして敵をつくらぬ人格は多くから愛され日日是好日の余生を楽しんでいる。

 タカハシ洋服店の高橋三郎(雄勝郡山田村)は6歳の時に一家そろって旭川に来住、トモヱヤで年期を勤めたのち剣淵で開業。士別には昭和7年に来た。最古参の業者としてまた昔気質の職人として市内有志のお顧客さんの信頼もあつい。

 信金の専務高橋良助(十和田町)は生家が庄家(村長)の出で、大正7年、秋田中学を卒業銀行に入った。縁あって大正14年来士。糸屋銀行に勤めたが、拓銀士別支店開設と同時に移り、昭和28年支店次席で退職するまで27年間、拓銀畑を斜里釧路と歩いた。退いた彼は東山のブドー園にこもって静かな野菜づくりでもする心構だったかも知らぬが、請われて信金の専務に納まり、週日山を上り下りしているが、とても60歳とは見えぬ元気で、秋田弁も愛嬌たっぷりそつがない。

 田口鮮魚店の父鉄次も同県の産。江差に移って当主は彼地で生まれたが、志を立て上京。医家の書生として勉学を励み、昭和元年来士、松田医院の代診として身を置いた。その後転遷を経て、終戦を中国北部で迎えたが、妻の実家であるところから士別に舞い戻り、180度の転回をしていさばやを始めたという異例の主。武士の商法?が話題となり人気ともなって堅実な商売を続けている。たった一人の伜は昨年早稲田の仏文に難関を突破して入り将来を楽しむところである。

 マルトメでよく知られる先代高橋留之助(北秋田郡)は下士別45線に来住。澱粉景気の全盛時に産を成してマルトメの牙城を造った人である。

 まつや呉服店の高橋才市の父運蔵(雄勝郡稲庭町)は明治42年来道。才市は美深小を卒えて大正15年に旭川マルカク松本呉服店に奉公年期を入れた。昭和16年当地で独立沿線一帯にまつや呉服店の名を馳せた。

 (岩手県)銭屋アメ店の中田英勝(二戸郡福岡町)は昭和12年、室蘭の銭屋商店に見習として入り、さらにその後の樺太に移ってアメ専門の修業を積んだ。終戦で引揚げ26歳の時に独立したが、今なおアメ一筋に守り続け一昨年は溶けないアメの製法に成功するなど研究熱心なところを見せている。

 加藤信兵衛(西岩井郡花泉村)は明治36年に父に連れられて士別に住みついて以来動かないが、伜も高校の教師、娘たちもそれぞれのところに嫁いでいる。 (敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)