復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【香川県の巻―1】       道北日報ヘッドライン 

29
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 讃岐の金比罹さまのあるところ香川県に移ると、大野土建の初代大野直吉がいる。彼は高松市の生まれで、郷里で一時刑務所看守をしていたが、新天地を求めて明治43年多寄に移った。3男2女を抱えた37歳の時である。同45年来士、大通北1丁目に飲食店を開業したが、その後転じて大正7年土木請負業となり、今日の大野土建王国の礎を築いた。町議、消防後援会長等公職を歴任。元老として波乱の多かった生涯を幸福のうちに閉じたが、嗣子繁市は現在札幌鉄道工業社長として有枢の地を占めている。孫の忠義は名古屋工大を卒業、新進気鋭の若手社長として、また3代目として石川義雄、大泉正一らの譜代旗本と意気投合よろしく、ますます才腕を振っている。

 橋本薬局の橋本亀祐(三豊郡財田町)は明治12年、父朝吉に連れられて渡道。栗沢町に住んだ。向学の意気に燃えた少年亀祐は父の農事を手伝うかたわら、中学卒業検定試験に合格、東京薬専に入った。彼は牛乳配達、新聞配達と苦学を続け、大正7年豊島商工校の教師として宿願を達したが、大正12年士別に移り開業、町会議員として公事にも尽くした。現在は店を伜に任せ士別地区納税組合、六日会の世話役として隠居身分も何のその寧日をおくっているが、苦学力行の若い時代の気はくの一端がうかがえる。亡くなった三浦満吉とは無二の交友があった。

 十河家具店の十河繁頼(高松市)は大正7年来士。初め中央通りで家具、建具を製造。同13年大通りに移った。転変の激しい大通り商店街で30余年間地道に守り続け、特異な存在だ。息子は拓銀支店に永く勤めていたが、昨年旭川に移った。市文化サークルのために尽くした好青年である。

 六車広太郎(大川郡大川町)は大正2年比布に渡った。25歳の時である。郷里が売薬の産地で、彼も来士してからずっと行商を続けた。消防組発足当時から18年勤めた古老で、妻は昨年公認の和裁学院の院長として子女の教育に当たっている。

 中央通りの蜂の竹内寅一も六車の隣り村の生まれ。同じく売薬の行商として大正7年来住。蜂の飼育を行い、今日まで到っている。両者とも温厚篤実で定評がある。竹内の伜のは時計商の見習に入り開業してから5年になる。
 名士バスの木村義久は父磯治(三豊郡国田村)が同県の生まれ。義久は築紫で生まれ上士別でしばらく農業をやっていたが、昭和6年士別に移住した。以来彼はタクシー、バスと運輸一筋にすすみ、現在名士バス士別営業所長の椅子にあるが、伜3人も彼の膝下で働いてはた目にも微笑ましい光景である。

 中士別の宮武徳平(三豊郡二ノ宮村)は5歳の折、両親に抱かれて明治23年東旭川に移住。同36年中士別に来た。澱粉好況に着眼して大正3年製造工場を設立。29年まで続けたその界の元老である。町議に推されること10期足らず副議長も務めた。また中士別農協創立の功労など特記すべき数多の功績をおさめ、現在もなお天塩川土地改良区の理事長として老の身も顧みず日夜研さんを励んでいる。

 温根別の三宅鉄之助(丸亀市)は明治末年、母の背に負われて松前に渡り、再び居を変えて大正2年温根別に来た。一時多寄で菓子見習に入り温根別で独立開業した。28歳の時に選ばれて剣淵村議になり、62歳で亡くなるまで消防団長ほか数多くの公職を歴任した。伜の裕良は旭商を出て若干未だ36歳ながら教育委員として器量を高く評価されている。(敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)