復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【香川県の巻―2】       道北日報ヘッドライン 

30
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 多寄町の大久保彦佐でうるさ型で通る古市新太郎は木田郡川島町の生まれで後記の溝淵仁平治とは同郷である。明治45年古市が24歳の時に青雲の志を抱いて単身、海を渡り初めは新得に住みついたが、翌年多寄に移って今日まで多寄農業会長、土功組合長、道厚生連専務、村議2期とあらゆる公職をつとめ、今なお天塩川水系土地改良区の理事長として70歳とは言え元気かくしゃくなところを見せている。彼には子がなかったため、現教育長の季雄を郷里から6歳で養子に迎えた。名寄中学は松岡らと同期で親父が村長選で敗れた折、伜が自ら村議に起ち野党派として論陣を張ったこともある。

 監査事務局の石崎啓助の祖父光治も多寄では草分けであり元老である(仲多渡郡仲南村)。明治39年22歳で多寄に移住、以来終戦まで鉄工所を経営し続けた消防界の功労者で多寄消防組初代組頭、いま78歳になるが御大典のとき親閲を受けたのが自慢の一つである。無類の競馬好きで、伜が早死したため孫の啓助を手塩に懸けて育てた。伜は永山農高を出て役場に入ったがアマ写真のベテランの1人。

 市議で農同委員長の溝淵栄の父仁平治は10歳の時に東旭川に移って来たが、大正3年士別に落ち着くようになった。伜の栄は青年団長としてその頃から頭角をあらわし、昭和5年当時の米暴落の農家の悲惨なありさまを目の当たりに見て、後年農民運動に挺身するきっかけをつくった。37歳で町議になって以来、4期引続き同胞のために働いている。

 武徳のダンデイスト奈良源一郎は祖父鍛吉が金比羅さんの門前で生まれた。室蘭屯田として渡道、その後現在地に移った。いまから約50年前である。武徳開拓の先駆者で今の小学校敷地も鍛吉の寄贈によるものだと伝えられている。源一郎は一人息子だが、話の解る御仁として農協理事を永らくつとめ有士である。母多喜江は80歳で今なお健在。(敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)