復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【愛媛県の巻―1】       道北日報ヘッドライン 

31
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 四国の一端の愛媛県、正岡子規の昔から骨っぽいところといわれているが、この県の生まれには今を時めく道議秋山孝太郎(周桑郡庄内村)がいる。明治41年13歳の時に父に連れられて渡道。一旗組の1人となったわけだが、この夢想家肌の少年麒麟児、大人も舌を巻く大言壮語であたりを驚かしていたが、温根別に落ち着いてからはメキメキと頭角を現し、好況の波に乗った澱粉界でも成功。温根別に秋山ありと自他共に許す存在となった。
 彼のボツボツたる野心は村議当選以来磨きをかけて中央政界を志し、幾度挫折するとも雄図崩るることなく、昭和16年以来秋山代議士の尊称を奉られながら澱粉代表の位置を護っていたが、戦後は道議に逆戻り見事栄冠をかちえて2期を務め上げようとしている。生らい落人情に厚く、庶民的で仕事師で……数えあげればきりの無い程の長所を有し、配する賢妻のホマレ高いマキ夫人の内助の功で、今では微動もしないナンバーワンである。道議としては経歴にものをいわせ、すでに元老格、協倶10数人のメンバーの会長に納まっている。

 次で今は亡き故市長三浦満吉。その父の大吉(新居郡神戸村)もこの県の生まれで、士別澱粉界の事実上の大御所三浦国蔵の父市平、保健課長留一の父栄太郎らと明治37年武徳に移った一統である。地域の草分けで、その子孫たちは満吉は北連会長から初代市長へと揺るぎない地歩を占めたが、昭和30年の水害最中に上京運動の無理がたたり、任期半に挫折したのは惜しかった。青年期からは名門三浦の御曹司として振舞ってきたが、ついに士別の第一人者の名を占めた彼は、他人に立てられる長者の風格を有していたというべきだろう。

 商工会議所の会頭で士別ブロックの社長、市議と八面六臂(はちめんろっぴ)の働きを続ける森実易逸(宇摩郡川之江市)は明治40年、父笹市に手を引かれて雨龍の蜂須賀農業に移住した。彼が5歳の時である。10年後、彼の前に鬱然と繰り展げられる農場の小作争議はプロレタリアートとしての義憤を抱かせ敢然として闘うべく新聞記者を志して小樽新聞に入ったのだと述懐している。昭和3年来町、初めは後藤静香の「希望社」なぞで精神運動を青年間に起こしていたが、次第にその雄弁ときれる手腕で若冠にして町の指導者の1人になってしまった。北海日日の記者は満州派遣後やめて養狐業を始め「狐のモリザネ」でまた名を売った。戦中の17年食糧増産に目をつけ「土地改良パイプ」の製造を北村順次郎と始め、戦後はいち早く社会党に入り22年と26年2度立候補した。初回はわずか400票の差の次点にまでこぎつけみんなを驚かせた。その後は市議、会頭と順調な財閥コースを辿っている。

 士別木材の社長鈴木輝明の父新吉も宇摩郡の生まれ。18歳の時に東旭川から中士別に移った。さらに居を代え、上士別で樵夫などしていたが澱粉工場、下駄工場と事業面に乗り出し、大正3年に現在の鈴木木工場(朝日村)を掌中に、他面では村会議員、消防組頭として対世間的にも認められることになった。輝明は郷里の松山商大を卒業し、26年に工藤村雄の専務とコンビよろしく士別木材を創立した。弟の卓雄は東大を出て朝日村の工場主として才腕を振っているが、教育委員長の席について一般の信望があつい。

 上士別で治水の神様? にも仮えられる市議の竹内末次郎も同県の生まれ。土木功労者として建設大臣賞を受けたというのが自慢であるが、村議2期を通じて治水に全力を傾注して来た功労者で、今も鼻下ひげに愛嬌をたたえている。

 同地区の山下藤助(新浜市)は明治40年現住地に来た。14歳の時で昭和15年村議当選。農協組合長、村長議を経験。村内誰知らぬ人とてない人気男である。

 上士別の公民館長照後健輔(西条市)は大正8年両親とともに美幌に渡り、昭和8年照後家に養子として迎えられた。才気活溌の士で縫遂士と号して句をよくし、上士別の文化運動の一翼を担っている。農地委員、教育委員、その他数多くの公職を経た。

 矢野竹市(西条市)は大正5年、4歳の時に両親とともに上士別に移住した。その後、和寒の東和にしばらくいたが再び戻り地区会長、実行組合長を務めたのち、若干38歳で卯城、赤川を相手に村長選に出た。2度とも敗れたが20歳頃から応援弁士になったという雄弁家で、叛骨精神が横溢している。
 町議もしたことのある武徳の妻鳥金次郎も愛媛県の出身。澱粉業を営み堅実な篤農家として知られている。(敬称利略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)