復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【愛媛県の巻―2】       道北日報ヘッドライン 

32
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 上士別には吉野団体と称する奈良県人が多勢いる。俗にいう大和衆≠ナある。農協の岡笹市、市議の吉野、南田、それに乾、卯城、中田、会木などの顔触れだ。澱粉界の元祖坂長太郎も県人である。

 岡は吉野郡天川村の生まれ、明治41年一巳村に来道して寒地の農法をつぶさに研究。大正2年、勇躍北海の土にならんことを志して15区に移住した。25歳の時である。以来村議3期に就任。28年には山下藤助の後を継いで農協組合長の席につき、危機を伝えられた再建に全力を傾注し、功を成し遂げた。69歳で頑健岡のオヤジ≠ナ通る果報者である。

 前村長の中田熊雄(十津川村)は明治26年に父房計と渡道。上士別には同41年に来た。近所では水田を造るのが珍しかった時代で、反収4斗程しかなかったが、蕎が高く売れたのでその方で儲かったという。彼は兼内で4年間教師をし26歳才の時に村議に打って出て5期を勤めた。その後村長に選出された。菊水橋の永久化は永年の夢で彼の功績によるところ多い。敵をつくらぬ実直型の紳士。

 南田彦治の父隆義(名郡上角村)、吉野為一ら何れも明治37年約60戸余りが入殖した元老である。

 菓子問屋の出合義忠の祖父寅吉(四郷村)は明治37年来士。父初次郎は上士別の27線で澱粉工場を営んだが、大正15年市街に出て桜湯を譲り受けた。温厚篤実な士で、昨年は商工会議所の理事に選ばれた。忠義は豊村木工場の帖場にしばらくいたが、徴用に引っ張られ、戦後は180度の転回。菓子卸商として小都市の苦境の限界にありながらよくのしあげ創業11年に達した。

 柴田佳章(南万城郡御所村)は大正5年旭川に来住。士別には大正8年移った。薄荷、除虫菊、朝鮮人参など手がけ、今は士別神社の総代として気楽な余生をたのしんでいる。

 上士別木材の社長会木一明の祖父松蔵は明治38年中士別に移り、その後吉野団体に入った。父の武夫が会木木工場を昭和2年に創立したというから沿線では赤岡、鈴木(朝日村)に次いで古いことになる。警防団長をつとめ58歳で亡くなったが、伜の一明は消防副団長、村議など公職を経歴、無口で世辞を和らぬ人柄は信望がある。兵隊で終戦まで九州にいたため、伜は高校の二年生でこれから。

 泉谷兼治(新十津川村)は矢張り明治36年上士別の大和に来た。中央通りの大火で彼の経営する大和屋旅館を失ったが飲食店もしていた。今は新学田にいるが、伜は昨年古巣で紙と文具の商いを始めている。(敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)