復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【医療人の巻】       道北日報ヘッドライン 

33
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 歯科医の間宮米吉は千葉県安房郡和田町の生まれ。生家は医者で、薬屋も兼ねていた。日大の歯科を出て19歳で医者になったというから当時としては恐らく日本一の若い歯科医だったろう。彼はどこか遠い所に行って見たいと思って、銀座の勤務先を辞めて漂然と函館に渡って来たのだという。23歳の時である。士別には昭和5年に来て、翌年結婚した。お世辞がなく、それでいて人間的な魅力が潜んでいる硬骨漢である。康幸、敏幸は母校に在学中で、彼は鯉釣りをひどく楽しみに最近寧日がない。

 これに対する上士別の鈴木宇こうは静岡県賀茂郡河津村の産。日本歯科医学校を卒え8年移住。教育委員に選ばれて熱心に地区教育行政に身をおいたが、その施策を不満として市政を弾劾。敢然と去ったファイトマンで荒法師にでもたとえられようか。それだけ純情で町民からも頼りにされている。現在は校下のPTA会長で暇を見てのバラ造りは年数を積んでいる。長子は北大医類に在学。

 同じ上士別の岡崎医院の先代庄三郎(宮城県亘理郡吉田村)は日本医学校を卒えて釧路市立病院の副院長を務めたのち、大正3年奥士別で開業した。上士別には同10年に移ったが村会議員、消防組頭を務め地域から仁医として感謝された。現院長と3弟は日本医大、長姉は女国女子医専、次弟北大とそれぞれ卒えたお医者さん一家である。晃は奥士別生まれ40歳の青年院長で将来を目される人物だ。車を運転することが趣味。

 富樫医院長の富樫新松は父と40年前に新潟県より小樽に来住した。中学は湖凌中学で萩原病院の院長と同期。彼は北大に学んだが、ここでも彼は奇しくも市立病院の笠松院長と同期である。新幌内の炭鉱病院長を経て旭川のクマ部隊に応召。帰還して遠軽の厚生病院長におさまったが、当時古市新太郎が厚生連の役員をしていた関係から知縁となり後年、士別に来るきっかけともなった。昭和25年現在地で開業した。巨躯堂々とした風貌で50代に入らんとする若さ。長女は美術大学に入学中だが、彼は目下碁をやりたいと思案中である。(敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)