復刻版・道北日報掲載日
  昭和33年1月26日


・01 青森・岩手―1
・02 青森・岩手―2

・03 宮城県―1

・04 宮城県―2

・05 山形県―1
 
・06 山形県―2

・07 福島県―1
・08 福島県―2

・09 新潟県―1
・10 新潟県―2
・11 新潟県―3

・12 富山県―1
・13 富山県―2

・14 福井県

・15 石川県―1
・16 石川県―2

・17 山梨県―1
・18 山梨県―2

・19 滋賀県―1
・20 滋賀県―2

・21 愛知県

・22 徳島県―1
・23 徳島県―2
・24 徳島県―3

・25 岐阜県

・26 中国地方―1
・27 中国地方―2

・28 秋田・岩手県

・29 香川県―1
・30 香川県―2

・31 愛媛県―1
・32 愛媛県―2

・33 医療人
・34 木材人
・35 多寄人


【木材人の巻】       道北日報ヘッドライン 

34
 県人会ーこれはかつて開拓に鍬を振つた古老や雄図も出し難く、勇躍して津軽の海を渡つたひとびとにとつて望郷と故郷の香を満喫させてくれる夢と糧の楽しい集いであつた。しかしその憧れを抱いたわれわれの先駆者もいまでは多く冥府に名を列ね、時の移り変りと言いながらわずかに名を止めているにすぎない。
 本紙では市の開基60周記念を迎えるに当たつてこれら開拓に辛酸を尽くした内地府県人の紹介と風土人物評をこころみることにとした

 シナの小径木活用に経木を製するべく、昨年「広南木材KK」を創立したのがこの丸潔(士別製材常務)、工藤村雄(士別木材専務)、相山正(上士別木材専務)、阿部清(温根別木工場長)の4人木材男である。試運転をすでに終え生産にスタートせんとして彼等の意図とするところはなかなか斬新で将来大いに属望される。
 丸潔は明治35年愛別の生まれ。比布小を卒業、木材屋を志して旭川の田中木工場に入り業界の苦労をつぶさになめた。その後、赤平の平岸木材に移り、昭和23年に後藤万喜社長(在滝の上)の請われるままに士別共同製材の施設を譲り受け、現士別製材の専務におさまったわけである。企業を軌道にのせ、転変激しい業者のうちにあって、新顔ながら安定した経営を持続、発展させたのは彼の手腕に負うところが多い。若い頃は陸上競技を楽しんだが、今はことし高校に入った伜の成長唯一と言ったところか。

 温根別木工場の阿部清は父源太郎が山形市の生まれで、明治43年剣淵に移住した。彼地で請負業を渡世として昭和5年温根別に木工場を創設した。同14年亡くなるまで仕事一筋に生きて来たが、伜のは旭商(3期生)を卒業して遺業を継ぎ2代目として恥ずかしからぬ隆昌を今日誇っている。温根別消防団長を務めたこともあり、町では数少ない有為の人物の一人として数えられよう。

 市議の相山正は大正元年美深の生まれ。過日亡くなった彼の父寅吉が山梨県北巨摩郡の産で、明治36年に上士別に来住。精米、雑穀商をはじめたが、正も上士別の学校を出て家業を手伝い、その後浜下市郎の配下にあって新得で澱粉を手懸けたこともある。村議に選ばれること3期、続いて市議にも当選。地区出身の議員としても花形だが、事業手腕も会木社長のよきアシスタントとして利け者である。長兄は朝日村で校長、相山書店のは彼の次弟、布川茂登作の妻君とは兄妹である。伜は高校2年でこれからだ。働き盛り。

 広南木材社長の工藤村雄は明治44年栗山町の生まれ。昭和9年帝室林野局(営林署)に入り、同26年まで士別と朝日の間を往復した林業人である。林鉄の主任当時の苦労が実を結んでか、退職して鈴木輝明とコンビよろしく経木の生産に着眼。どちらかと言えば学者肌の社長を補佐して今日の士別木材を築いたインサイド・マンである。既存の業者とは異なった実業人らしいところに彼の人間的魅力があるのかも知れない。酒は付き合いで飲むが碁は3級の腕前。(敬称略)


 この連載は昭和33年に道北日報に連載したものを再掲するものです。今では本土(本州、四国、九州、沖縄)を意識することはありませんが、当時は望郷への思いをひとつにまとめた同郷の徒が集まる県人会組織が根強く存在していました。そんな彼らの活躍を追った連載を復刻掲載し、士別発展の基礎を築いた人々に光をあててみたいと思います。なお文章については今日の状況に合うように平易に改めている部分もありますので、ご了承ください。(敬称は省略)